逆流性食道炎

逆流性食道炎とは

逆流性食道炎逆流性食道炎は、胃酸や消化途中の食べ物が胃から食道へと逆流することで食道の粘膜に炎症が発生する病気です。自らが胃酸を分泌している胃と違って、食道は酸に対する耐性を有していないので、逆流してきた胃酸によって食道の粘膜にただれや欠損が生じて、それにより胸やけなどの症状が現れます。 それまでわずかだった日本における逆流性食道炎の患者数が1990年代から増加傾向に入り、現在では人口の1割を超えるほどにまで至ったのは、より多くの胃酸が分泌されやすい欧米食の一般化などが大きく影響しているものと考えられています。

逆流性食道炎の症状

逆流性食道炎の典型的な症状には以下のようなものが挙げられます。

  1. 胸焼け
    逆流した胃酸の刺激で胸がチリチリと焼けるような不快感を覚えます。
  2. 呑酸(どんさん)
    酸っぱい液体が口まで込み上げてきます。げっぷを伴うこともあります。
  3. 胸の痛み
    胸骨の裏側あたりに締めつけられるような痛みを感じることがあります。心臓につながる血管の異常によって起きる狭心症と似た痛みであることから、明確な鑑別が必要となります。
  4. その他
    逆流した胃酸の刺激で喉の違和感や痛み、頻繁な咳などが生じることがあり、風邪などとの明確な鑑別が必要になります。また、胃酸の分泌過多によって胃がもたれたり、就寝中に胸やけや呑酸が起きて不眠の状態に陥ることなどもあります。
  5. 無症状
    上記のような症状があまりはっきりとは現れず、逆流性食道炎であることに無自覚なままで過ごしているケースもあり、そのような場合には検診などで食道の炎症を指摘されて、初めて症状を意識しはじめることもあります。

逆流性食道炎の原因

酸への耐性がない食道は、胃との境目に胃からの逆流を防ぐ働きを持つ括約筋を有しています。この括約筋が加齢や暴飲暴食などによって働きを弱めることが逆流の第1の原因になります。また、肥満や前かがみの姿勢、妊娠などによって腹部が圧迫されることで逆流が起きやすくなったり、脂肪やたんぱく質の多い食事の摂取などによる胃酸の分泌過多で逆流が起きやすくなることもあります。 さらに、胃の一部が胸部と腹部を隔てる横隔膜よりも上の食道側に脱出してしまう食道裂孔ヘルニアという病気によって胃酸の逆流が起こり、逆流性食道炎が合併されることもあります。

逆流性食道炎の検査

問診で逆流性食道炎が疑われたら、食道の内部まで胃カメラを挿入する上部消化管内視鏡検査を行い、粘膜の状態を実際の映像として観察します。それによりびらんと呼ばれるただれた状態や潰瘍と呼ばれる欠損した状態が確認されれば、多くの場合、逆流性食道炎の診断が下ります。また、びらんや潰瘍は、その大きさや広がり方、粘膜の色の変化などをロサンゼルス分類と呼ばれる世界的な基準に照らし合わせることで重症度を判定し、その結果に応じた適切な治療方法を選択する助けとします。 当院ではこの内視鏡検査を、長年の経験に基づく熟練した技術と最新の機器を用いて少ない苦痛で行うことが可能です。まずはお気軽にご相談ください。

逆流性食道炎の治療

生活習慣の指導

逆流性食道炎は、暴飲暴食や肥満、腹部の圧迫、食事内容など、生活習慣からの影響を受けやすい病気です。つまり、こうした習慣を改善することが逆流性食道炎の改善にもつながるということです。逆流性食道炎の治療では、多くの場合、こうした生活習慣を改善するための指導が薬物療法と併行して行われます。 具体的には、胃酸の分泌過多を招きやすい脂肪やたんぱく質の多い食事内容を避けることが重要です。また、コーヒーのようなカフェインを含む飲み物、アルコール、チョコレートなども胃酸の分泌過多を招きやすい食品です。 そして、肥満の状態であれば適度な運動によってそれを解消するよう努め、普段から腹部を圧迫するような前かがみの姿勢を避けるとともに、ベルトなどでも締めつけ過ぎないように気を付けることも必要です。また、逆流が起きやすいとされる食後2~3時間程度の間に横になるのも良くありません。 当院ではこうしたご指導にも力を入れております。まずはお気軽にご相談ください。

薬物療法

生活習慣の改善指導と併行して行われることの多い薬物療法では、主に胃酸の分泌を抑える薬や食道の粘膜を保護する薬などが処方されます。こうした薬の効果は比較的高く、服用することで多くの場合は症状がなくなります。 しかし一方で、逆流性食道炎は再発率の高い病気として知られています。なぜなら、こうした薬で逆流そのものが根本から治るわけではなく、症状がなくなったとしても炎症が残っていることがあるからです。したがって、無用な再発を避けるためには、症状がなくなったからといって自己判断で薬の服用や通院を止めてしまわず、医師の指示をしっかりと守り続けていくことが大切です。 当院ではご病状をしっかりと把握した上で、それに応じた最適の薬を処方しております。まずはお気軽にご相談ください。

食道がんとの関係

食道に起きる病気として最近増加傾向にあるのが食道がんです。 食道がんの症状は逆流性食道炎のそれと類似性があり、診断にあたっては明確な鑑別が必要となります。また、逆流性食道炎が長期にわたって持続すると、食道の粘膜を覆う組織が変質してしまうパレット食道という合併症が発生する場合があります。そして食道がん、ことに腺がんタイプの食道がんはこのパレット食道から発生しやすいことが欧米で確認されています。 医療機器の進歩に伴って食道がんの早期発見例が増えているとはいえ、定期的な検査を怠れば、その機会を逃してしまいかねません。特に逆流性食道炎をお持ちの方は、上記のような事情から定期的な人間ドックや検診を怠らないよう気を付ける必要があります。 当院では上部消化管内視鏡(胃カメラ)を用いて行われるさいたま市胃がん検診を行うことが可能です。食道がんの早期発見のためにも、まずは一度お気軽にご相談ください。

食道がんを発症しやすい方

  • お酒をよく飲む方
  • 喫煙習慣のある方
  • 熱い飲食物を摂取する機会の多い方
TEL:048-753-951024時間web予約人間ドックweb予約
医院blog24時間人間ドックweb予約