ブログ

2018.10.09

秋の夜長に睡眠を考えて

秋は、「食欲の秋」「スポーツの秋」といわれますが、「秋の夜長」や「十五夜」があるように月がきれいな時期で、徐々に夜の時間が長くなり、ゆっくり睡眠をとりやすい季節となりました。

涼しくなったこの時期でも以下の症状のある方がいますでしょうか?

十分眠っても疲れがとれない、「イビキがうるさい」とか、「眠っているときに呼吸が止まっているよ」と言われことはありますか?また、睡眠をとっても日中眠気に襲われることはありませんか?

以上のことがあると睡眠時無呼吸症候群も疑われます。

睡眠時無呼吸症候群が疑われた場合は、簡易睡眠時無呼吸検査をすることお勧めします。

当院では、フィリップス・レスピロニクス社のイスラエルItamar Medical製の睡眠評価装置「ウォッチパット(WatchPAT)」にて検査を行っております。2014年4月1日から日本国内に導入され、比較的新しい検査機器です。より精度の高く病態を把握できると言われております。また、自宅での検査であるため、より簡便に装着できる機器となっています。

症状のお持ちの方で、3割負担であれば検査費は2,700円(※診察費等は別途)程度です。当院に受診していただき、自宅で検査を行い、その後、検査結果を当院で説明を行います。

症状がある方は、当院までご相談下さい。

TEL:048-753-951024時間web予約人間ドックweb予約
医院blog口コミを見る口コミを書く24時間人間ドックweb予約